審美歯科について

外から見えない矯正

当院の審美歯科治療では色調が違った場合、再治療します。
変色した歯を天然歯のような色に修復し、欠けてしまった歯や、歯と歯の間が開いている歯を、歯並びの良い口元に修復するのが審美歯科です。

身の回りの人で笑ったり、話をしているときに口元から見える歯が隣の歯と色が違ったり、形が不揃いで明らかに人工的な歯を入れているなと思ったことはないでしょうか?なぜこういうことが起きるのでしょうか?

どの歯科医の先生も治療は一生懸命していただいていると思いますが、歯を創っているのは実は歯科技工士なのです。歯を一本創るために隣の歯の色や形態、歯肉の色や笑った時に口元から見える長さなど微妙な光や影を判断して細やかな部分まで考えて創るのが歯科技工のよい仕事なのです。
このような完成度の高い技工の仕事は実際に作り手が目で見ないと到底できるものではありません。

このような仕事をするために、当院では常勤のベテラン技工士が患者様の口腔内を、自然美をそなえた口元に仕上げます。まさにあなたが口腔内エリートになるお手伝いをするためにつねに待機しています。
健康的で違和感の無い、自信にあふれた「笑顔」が貴方に戻ります。

歯を白くするホワイトニング

ホワイトニングは歯を削ったりすることなく、あなたご自身の歯を白くします。当院のホワイトニングは、最初医院で歯を白くするオフィスホワイトニングを行います。
その後、歯科医の指導のもと自宅で歯を白くするホームホワイトニングを併用します。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを行うことで、早く歯を白くし効果を持続させます。

セラミッククラウン

陶製(セラミック)の歯を被せます。セラミッククラウンは透明感のある天然歯に近い見栄えに仕上がり、前歯を治療しても周りの歯と違和感なく仕上がります。

(左)術前 / (右)術後

セラミックインレー(ガラスポーセレン)

奥歯の虫歯治療には銀色の詰め物がよく使われますが、笑ったり、大きく口を開けた場合銀歯が目立ってしまいます。
セラミックインレーでは銀色の詰め物の代わりに陶製(セラミック)白い詰め物となります。大きく口を開けて笑っても歯の色が気になることがありません。
歯の美しさは前歯に限らず、奥歯も取り戻せます。金属アレルギーの防止にもなります。

(左)術前 / (右)術後

天然歯か人工の歯か見わけが付かないまでこだわって我々スタッフは創ります。
人工歯根でも天然歯のような美しい歯を作ります。

審美総義歯 >