院長コラム

2015.11 インプラントと審美歯科

インプラント治療は審美歯科とが一体となった治療といっても過言ではなく、噛むという機能回復とともに審美性ともに最高レベルの治療が実現できます。

審美面において入れ歯治療との大きな違いは、入れ歯の場合はクラスプといってカギ状の金属の留め具が見えてしまうという難点がありますが、インプラントの場合はそうした金属が一切なく、見た目においても天然歯と遜色がないということです。
最近は金属のクラスプのないノンクラスプデンチャーという入れ歯もできていますが、支える部分が歯肉の色に近いために目立たなくなるとはいえ、やはり審美的には美しいとはいえません。

ブリッジの場合はクラスプこそないものの、両側の歯に支えられて歯ぐきの上にのっているだけなので天然歯のような存在感がなく、テレビなどで女優さんの口元のアップになった時にはわかってしまうことが多々あります。
インプラントの場合はほかの歯を削ったり、クラスプをひっかけたりといった周囲の歯にダメージを与えないという点でもメリットも大きいといえます。

また、インプラントの上部構造(人工歯)についてはセラミック素材のジルコニアをはじめ色調や形、透明感などにもこだわり、天然歯と遜色のないものを提供することができます。当院の技工士は天然歯と見分けがつかないまでの完成度でこだわって作製しています。
最近はCGFといった自己血液を採取して再生医療による最先端の治療法も導入し、歯ぐきの部分にもこだわってより自然で美しく治療することができます。

←コラム一覧に戻る