院長コラム

2015.04 月島・佃と下町情緒

リバーシティ歯科クリニックは、地下鉄月島駅から歩いて5分程度のリバーシティ21のエリアにありますが、銀座にも近く、街並みも整えられ、街路樹が植えられ歩道も美しく、高級マンションが林立しています。
そんな中に当院があるのですが、環境に合わせてお洒落な門構えにするために、エクステリアとして季節の花や植物を置いています。
2階にある為、中に浮かぶ空中デンタルクリニックの様だと言う人もいます。

そんな中で、月島は一昔前は通う橋がなく、佃の渡し船が交通機関で勝鬨橋が時に開く姿が見られる典型的な下町風情があったのです。
今はその面影は少ないのですが、この月島の佃には当時の下町風情が残っている所があるのです。

今は佃ではもんじゃが最も有名ですが、それは演出された名物で本物の佃の下町のかくれた名店を紹介します。それは「相馬屋」さんです。
仕事が終わった後は、スタッフと時々足を向けているのですが、夜8時頃行くと、3人の男兄弟が、お母さんの賄いで仲良くお客さんと同じ食堂で食事をしています。2代目の夫婦が切り盛りしていて、出前はお父さんらしい人がオートバイで出前をします。下町の生活がにじみ出て、子供達に頑張れよ!と声を掛けたくなります。

私の定番注文メニューは、ビールにはまずモツ煮込みです。メインは蕎麦、うどんで鍋物からせいろまであります。魚の定食もあります。
ここで紹介したいのは、なんとジョッキの中の生ビールの表面が凍っているのです。そしてその厚さが1cm。さらにジョッキを少し揺すると、下から氷の塊が泡の表面にゆっくり浮かび上がってくるのです。
是非このドン冷えの氷の浮かぶビールを飲んで下町の情緒を味わって下さい。
私はこのビールを、氷山の浮かんでいる様子がタイタニックの映画の様なので、タイタニックビールと呼んでいます。

←コラム一覧に戻る